1. トップ
  2. データ・資料
  3. 87%の労働者が「勤務先の情報セキュリティ対策に課題がある」と回答

2018年10月16日

87%の労働者が「勤務先の情報セキュリティ対策に課題がある」と回答

ネクストテックステージは15日、「情報セキュリティの意識調査」の結果と、情報セキュリティ対策の実態についての分析を発表した。

Q1: 社内の情報セキュリティ対策には課題があると思いますか?

Q1: 社内の情報セキュリティ対策には課題があると思いますか?

それによると、「社内の情報セキュリティ対策には課題があると思うか?」との質問に対し、約87%の労働者が「はい」と回答。

さらにヒアリングを実施したところ、ソフトウェアの更新、ウイルス対策ソフト(ウイルス対策サービス)の導入、IDとパスワードの適切な管理に原因があると推察できたという。

こうした対策は、各企業で実施されつつあるようだが、これらの対応だけでは情報セキュリティ対策を講じているとは言えないことが、その道の専門家ではない一般労働者でも分かるようになってきた。

また、「さらなる情報セキュリティ対策の重要性を上層部が理解できるとは思えない」、「中途半端に進言して、業務効率を著しく落とす情報セキュリティ対策を強いられても困る」、「今の勤務先に一生勤務するつもりもないし、情報セキュリティ対策を進言したところで昇進・昇給がない」などの理由で勤務先のしかるべき部門に進言されない深刻な実態も判明。

Q2: ファイルにパスワードがかかっている場合、忘れないようにパスワードをメモしておきますか?

Q2: ファイルにパスワードがかかっている場合、忘れないようにパスワードをメモしておきますか?

次に、「ファイルにパスワードがかかっている場合、忘れないようにパスワードをメモしておくか?」との項目では、60%以上の労働者がファイルにかけられたパスワードを忘れないように、メモ帳やパソコンの別のファイルにメモをしていることが分かった。

つまり、企業側が何らかの情報セキュリティ対策を実施していると言ったところで、そのうちの60%近くは「情報セキュリティ対策を講じていない」と言っても過言ではない状況化に置かれている危険性がある実態が浮き彫りになっている。

さらに、「情報漏洩の8割は社内から社外への流出が原因であることを知っていたか?」との質問には約20%が「はい」と回答。

これらの結果から、約20%の労働者は、情報漏洩原因の背景と勤務先の情報漏洩対策の現状を把握しており、その気になったら巧妙に勤務先の機密情報を競合他社に売り、なんらかの報酬を得る知恵をもっていても不思議ではないリスクがあることが推察できるという。

関連URL

情報セキュリティ意識調査

KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 選定 調達 導入 運用 まとめてサポート
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
教育ICT 大規模導入!in 熊本市 NTT DOCOMO
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • 学校現場のICT活用情報 冊子を無料でお届け チエルマガジン申し込みへ
  • 先生!ひょっとしてeラーニングでお悩みですか?
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • みらいスクールステーション 導入校が驚いた想定外の利用率! 教室ノートPCに代わる教育ICT専用端末 FUJISOFT
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス