1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 理研×編集工学研、選りすぐりの科学本「科学道100冊 2020」を発表

2020年9月23日

理研×編集工学研、選りすぐりの科学本「科学道100冊 2020」を発表

理化学研究所(理研)と編集工学研究所は18日、選りすぐりの書籍を通じて、科学者の生き方や考え方、科学のおもしろさや素晴らしさを届けるプロジェクトの2020年度版「科学道100冊 2020」を発表した。

2017年に始まった「科学道100冊プロジェクト」は、全国の書店・図書館・教育機関でフェアを展開し、多くの人に科学の良書との出会いを演出してきた。

2019年からは中学生・高校生を中心とした幅広い層に、科学の多様な魅力を継続的に伝えるため、毎年恒例の企画としてリスタート。

昨年の「科学道100冊 2019」は、全国約450カ所の書店・図書館・教育機関などで展開し、様々なメディアにも取り上げられた。

今年の「科学道100冊 2020」は、昨年同様、旬のトピックなど3つの軸で選んだ「テーマ本」50冊と、時代を経ても古びない良書として選んだ「科学道クラシックス」50冊の、合計100冊で構成。

テーマ本は、「驚異のカラダ」がテーマの、様々なシステムから成り立つ人体の精巧さ、賢さ、ヘンテコさに驚く18 冊、「宇宙フロンティア」の、果てしなく広がる宇宙の地平にロマンを感じる16 冊、そして「世界を変えた科学者」がテーマの、大発見・大発明で世界を変えた科学者たちに学ぶ16 冊。

ブックレットでは、理研の理事であり免疫学者の小安重夫博士に、理研の新型コロナウイルスについてのインタビューもしている。

また、12月18日18:00~19:30には、「今知りたい、ウイルスと免疫の話」と題した「科学道100冊 2020」のオンライン・トークイベントも開催予定。今年のテーマのひとつ「驚異のカラダ」から、「ウイルス」「免疫」の専門家が対談する。

一方、理研と共に「科学道100冊」を展開している編集工学研究所では現在、「科学道100冊」の読書体験を記録する「探究型読書 クエストリーディングNOTE」を制作している。10月から予約申込みの受け付けを開始し、11月から販売予定。

関連URL

「科学道100冊 2020」ラインナップ

「オンライン・トークイベント」

「クエストリーディングNOTE」

編集工学研究所

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
リモートワークで使用するPCのセキュリティ対策できてますか? Yubi Plusで対策する! 先生方にもテレワークを! Yubi Plus
Classi 文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
jamf jamfは100を超える自治体で採用! Appleデバイス管理なら CLICK
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • クラウド授業支援 ビデオ会議機能を搭載! TeacherView
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス