1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. インタラクティブオンライン授業システム「HyperClass」、公式サイトを開設

2021年6月1日

インタラクティブオンライン授業システム「HyperClass」、公式サイトを開設

ソニー・グローバルエデュケーションは、4月にサービスを開始した、同社のインタラクティブオンライン授業システム「HyperClass(ハイパークラス)」の公式サイトを、5月31日に開設した。

授業中の様子

同システムは、学習塾などでのオンライン授業の運営全体をサポート。教材の共有から宿題の提出管理まで、オンライン授業に関連したアクティビティの一元管理ができ、オンライン授業運営の手間とコストを削減する。

また、オンライン授業の教材への書き込み、「受講生用黒板」、「選択式解答」、「早押し」など教育現場に特化した機能を搭載。講師は受講生の集中力を高めながら授業を進行できる。

同システムは、すでに4月からECCジュニアのオンライン授業で導入されており、今後も大手学習塾などが導入を予定している。また現在、無料で同システムを体験できるデモアカウントを、法人を対象に提供している。

「HyperClass」の主な特長

■「授業前」:授業スケジュールや出席状況、教材の一元管理が可能
スケジュール管理機能で、いつ、どの教科の授業に参加すればよいかを受講生も講師も把握でき、出席状況も自動で管理できる
■「授業中」:双方向のコミュニケーションを実現できるオンライン授業用ツールを搭載
・受講生用黒板:受講生は各自の端末で解答を書き込め、講師はリアルタイムで受講生の解答を確認できる機能。スケッチボードとタイピングの2種類から選べる
・選択式解答:受講生に選択肢を選んでもらい、講師は問題の正解率、受講生の解答を確認できる
・早押し:早押しボタンが現れて、一番早く押した受講生が解答できる機能
■「授業後」:宿題の提出もオンラインでの一括管理が可能
オンライン授業の受講生は宿題や授業中のノートなどを画像として提出し、講師もオンラインでフィードバックできる

関連URL

「HyperClass」

「無料デモアカウント」申込み

ソニー・グローバルエデュケーション

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス