1. トップ
  2. データ・資料
  3. 小学校高学年の就寝時間、「22時台」が約4割、「23時以降」も2割超=パナソニック調べ=

2022年8月3日

小学校高学年の就寝時間、「22時台」が約4割、「23時以降」も2割超=パナソニック調べ=

パナソニックは2日、小学生の子どもを持つ20~40代の母親300人を対象に実施した、「子どもの夜更かしに関する調査」の結果をまとめ発表した。

それによると、小学生の母親たちに「子どもの就寝時間について感じること」を聞いたところ、「寝る時間が遅いと感じる」と回答した母親が64%にのぼった。

子どもの学年別にみると、小学校低学年(1・2年生)の母親では53%、中学年(3・4年生)では62%、高学年(5・6年生)では77%という結果になっており、学年が上がるにつれて「寝る時間が遅いと感じる」母親が多くなる傾向にあることが分かる。

また、子どもに対して「もっと早く寝てほしいと思う」と答えた母親も、全体の72%にのぼった。

「子どもが平日に寝る時間」を尋ねたところ、低学年では「21時くらい」31%、中学年・高学年では「22時くらい」(中学年27%、高学年23%)がそれぞれ最多だった。

小学校高学年では、「22時半くらい」も16%で、合計すると「22時台」に就寝している割合が約4割(39%)にのぼった。「23時以降」に就寝している高学年も約5人に1人(22%)の割合でいた。

子どもたちの就寝時間については、母親の63%が「自分が子どもだった頃よりも寝る時間が遅いことが多い」と回答。

そこで、母親たちが「子どもと同じ年齢だった頃に寝ていた時間」について聞いたところ、低学年に加え、中学年・高学年の母親の最多回答も「21時」だった(低学年41%、中学年44%、高学年36%)。

母親たちが小学校中学年・高学年だった頃と、現在の子どもたちを比較すると、就寝時間が実に1時間も遅くなっていた。今回の調査をふまえると、現代は、母親たちの時代よりも「夜更かしチルドレン」が多いといえそうだ。

また、「子どもが夜更かしをしているとき、何をしていることが多いか」と尋ねたところ、「TVの視聴」44%、「ネット動画の視聴」32%、「ゲーム」29%の3つが上位にランクイン。子どもの平日の就寝時間が22時以降のグループでは、「ネット動画」47%、「ゲーム」36%の割合が特に高くなる傾向がみられた。

母親たちに、「子どもの夜更かしに対する気持ち」を聞いてみると、「子どもの寝不足が心配になる」59%、「子どもの成長に影響が出ないか心配になる」50%、「子どもが翌日起きれるか心配になる」47%などが上位だった。

また、「子どもが寝ないことに対して、イライラしてしまう」31%、「翌日、子どもを起こすのに労力がかかることを想像して、憂鬱になってしまう」20%、「子どもを寝かせるのに労力がかかり、疲れを感じてしまう」17%など、子どもの夜更かしによって、ネガティブな気持ちになってしまう母親も少なくない。

こうした中で重要になってくるのが、子どもに対して理想的な時間に就寝を促す「睡眠前の環境づくり」だが、今回の調査では、睡眠前の環境づくりを「普段から行っている」母親は4割未満(37%)で、残り6割以上は睡眠前の環境づくりができていなかった。

子どもの平日の就寝時間が22時以降のグループでは、睡眠前の環境づくりを「普段から行っている」のはわずか19%だった。

睡眠前の環境づくりができていない具体的な状況を聞いたところ、「睡眠前の環境づくりを行いたい気持ちはあるが、時間がない・面倒でできていない」21%、「睡眠前の環境づくりを行いたい気持ちはあるが、やり方がわからず、できていない」13%、「睡眠前の環境づくりを行うという発想がなかった」11%などの声が寄せられた。

「子どもの睡眠前の環境づくりに役立つアイテムがあれば、知りたいと思うか」を聞いたところ、84%の母親が「そう思う」と回答。子どもにスムーズに就寝を促すアイテムは、母親たちのニーズが高いようだ。

この調査は、小学生の子どもを持つ全国の20~40代の母親(子どもの学年で均等割付)を対象に、7月6日・7日に、インターネットで実施した。有効回答数は300人。

関連URL

調査結果の詳細

パナソニック

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena Action 2022 来年度プロダクト・アップデート発表会 08.20(土) 14:00~17:00 ONLINE Special Talk Session
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス