1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 金沢工業大学とFAP、魚津市と金沢市でドローンのプログラミングコンテストを開催

2022年12月15日

金沢工業大学とFAP、魚津市と金沢市でドローンのプログラミングコンテストを開催

金沢工業大学は同大学情報工学科河並崇研究室とFAPが共催で、ドローンのプログラミングコンテストを開催する。12月18日に魚津市で「魚津ドローンプログラミングチャレンジ2022」、1月22日には金沢市で「カナザワ ドローンプログラミング チャレンジ2023」を開催する。

同コンテストは、ドローンのオリジナルコントローラをプログラミングして製作し、コースでドローンを飛ばし、ゴールを目指すもの。使用する機材は、ポケットサイズのコンピュータ「micro:bit(マイクロビット)」と、小型ドローン「Tello(テロ)」。

ドローンを飛行させ、コースに配置されたさまざまな課題をクリアし、ゴールをめざして得点を競う。ドローンを用いたコンテストの中でも、コントローラをプログラミングするというスタイルのコンテストは日本初の開催となる。参加条件は小学3~6年生で、事前にドローンプログラミングのワークショップに参加した人が対象。魚津市の大会では、魚津市三ケにある遊園地「ミラージュランド」をイメージしたコース、金沢市の大会では、金沢マラソンをイメージしたコースを周回する。

大会は、いずれも河並研究室と一FAPの共同研究として取り組みで、教材や大会運営システムの開発は、プロジェクトデザインIII(卒業研究)の一環として研究室の学生が中心に行う。

関連URL

魚津ドローンプログラミングチャレンジ2022

カナザワ ドローンプログラミング チャレンジ2023

金沢工業大学

FAP

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス