1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. すららネット、スリランカの小学校で「Surala Ninja!」を開講

2016年12月6日

すららネット、スリランカの小学校で「Surala Ninja!」を開講

すららネットは、スリランカで小学生向け算数e-ラーニングシステム「Surala Ninja!」の提供・運用支援を行なっているが、スリランカ国営企業主導のe-Sri Lankaイニシアチブの実現を目的としたネナサラ(Nenasala)プロジェクトの施設のうち、バランゴダ校で「Surala Ninja!」を活用した講座を5日から開講した。

Surala Ninja!で学習する子ども(コロンボにあるSurala JUKU)

Surala Ninja!で学習する子ども(コロンボにあるSurala JUKU)

スリランカの国営企業のICTA(Information and Communication Technology Agency)of Sri Lankaが2003年に設立。ICTA主導のもと「多様で無制限の情報源とコミュニケーション手段へのアクセスをすべての市民に提供すること」を骨子としたe-Sri Lankaイニシアチブが2004年に策定された。

この理念を実現するため、ネナサラプロジェクトが立ち上がり、ネナサラプロジェクトの地域の旗艦センターとしての「知識センター(起業・商業モデル)」、農村部から電子情報にアクセスするための「電子図書館センター(コミュニティーモデル)」、僻地または遠隔地からの学習をサポートする「遠隔地e-ラーニングセンター」の3種類に加え、2004年のスマトラ沖地震における被害者をサポートするための「津波キャンプNenasala」の計4種類のモデルが開発されている。

現在、ネナサラプロジェクトの施設はスリランカ全土で750を超え、全土で1000施設以上を目標にしているという。

バランダゴダの施設のオーナーがスリランカの大都市コロンボにある「Surala JUKU」を見学し、可能性を感じられたことなどから今回の導入に至ったという。

バランゴダ校の「Surala Ninja!」の講座開講に先駆けて行われた説明会には150人を超す地元の保護者が参加し、申込生徒数はすでに100人を超えているという。

関連URL

すららネット

大阪府教育委員会 Classi 2016年度より生徒の学力向上をめざし、府立寝屋川高等学校での共同研究実施中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 簡単設定・安心安全 学校のタブレットセキュリティ チエル WinKeeper TB
  • iPadで英検対応 日本体育大学柏高校 EAST Co., Ltd.
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録