1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. チエル、新筐体の『eNetStar』を札幌市内の小中学校100校に導入

2017年3月6日

チエル、新筐体の『eNetStar』を札幌市内の小中学校100校に導入

チエルは2日、学校向けアプライアンスサーバー『eNetStar(イーネットスター)』をバージョンアップし、新筐体であるコンパクト型を追加ラインアップしたほか、学校と保護者のコミュニケーションツールとなる「連絡メールオプション」、教育委員会などのセンター側で集約して管理ができる「集中管理サーバー」も提供すると発表した。

また、新筐体の『eNetStar』を、プロキシサーバーとして札幌市内の小中学校100校に導入したことを明らかにした。

今回、札幌市がプロキシサーバーに求める入札要件に新筐体が適合し、市内小中学校の約3分の1にあたる100校に導入しています。各学校のゲートウェイに『eNetStar』を配備し、センターにある上位Proxyサーバーと多段でインターネット環境を構築することで、各学校のインターネット接続の高速化とWebサーバー個別への例外アクセス設定や、Webアクセスを禁止させるなどセキュリティの向上を実現する。

集中管理サーバーイメージ図

集中管理サーバーイメージ図

学校現場では、「プロキシサーバー」「Webサーバー」「メールサーバー」として利用できるオールインワンサーバーが普及している。チエルでは、サーバーに、Webフィルタリングソフトやウイルス対策機能などを必須オプションとしてラインアップした、セキュリティアプライアンスサーバー『eNetStar』を開発・販売し、学校からのWebアクセスをProxyサービスでネットワーク負荷を軽減することで、高速なインターネット接続を実現するほか、セキュリティ対策として採用されている。

今回のバージョンアップでは、以前から教育現場での要望が多かった「コンパクト型」を標準モデルとしてラインアップし、オプションとして、メール配信を一斉に行い、学校と保護者とのコミュニケーションツールとなる『連絡メールオプション』、教育委員会などのセンター側で管理・一括設定変更ができる『集中管理サーバー』を追加提供。これにより、学校の高速なインターネット接続の実現だけでなく、さらなるセキュリティの向上と運用の効率化を支援するという。

関連URL

チエル

実際に体験していただけます EDIX2017に出展 5.17-19 Classi
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ