1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. マイクロソフト「Imagine Cup」世界大会の日本代表チーム決定

2017年4月5日

マイクロソフト「Imagine Cup」世界大会の日本代表チーム決定

マイクロソフトは4日、3月22日に開催した学生向けグローバルITコンテスト「Imagine Cup 2017日本予選大会」に出場した9チームのうち、「NeuroVoice」(東京大学大学院)と「TITAMAS」(東京工業大学)の2チームが7月24日から始まる世界大会に日本代表として出場が決定したと発表した。

チーム「NeuroVoice」(東京大学大学院)の作品「NeuroVoice」は、入力された音声を任意の人の声に変換するDeep Neural Networkを駆使したシステム。

チーム「TITAMAS」(東京工業大学)の作品「Walky」は、視覚障碍者向けスマート白杖デバイス。

今年の「Imagine Cup」は、日本では初めて英語プレゼンテーションが必須となった。ハードルが高いのではないかという心配の声をよそに、世界市場を意識したアプローチやプレゼン構成はさることながら、出場者の英語スピーチはシリコンバレーでのピッチを彷彿させる素晴らしいものだったという。また、作品の技術レベルそのものも例年に比較して格段にレベルアップしたという。

今年15周年を迎える「Imagine Cup」は、従来のカテゴリーを廃止することで、より幅広い作品がエントリーできるようにし、さらに最先端技術を駆使した作品や技術の新しい使い方を提案するような作品を推奨することで、絶え間なく変化し続けるIT業界を将来牽引する学生を育てることを目指したという。

その結果、日本では「世の中にインパクトを与える革新的でクリエイティブなソリューションやサービス」をテーマに、IoTやVR、AR、さらに機械学習や深層学習を駆使した作品など、技術レベルの高い革新的な作品が数多く集まったという。

関連URL

NeuroVoice(東京大学大学院)「NeuroVoice」

TITAMAS(東京工業大学)「Walky」

Imagine Cup日本公式サイト

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録