1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 児童見守りサービス「みもり」、日本不審者情報センターと提携

2018年11月22日

児童見守りサービス「みもり」、日本不審者情報センターと提携

児童見守りサービス「みもり」を運営するドリームエリアは21日、全国の警察や自治体が公表する不審者情報を独自に編集・配信し、データベース化している「日本不審者情報センター」と提携したと発表した。

1121-da同提携をもとに、21日から、「みもり」から音声で警告を発信する新機能をiOSで提供開始した。

「みもり」は、今年7月から提供開始した子どもの見守り専用デバイスで、保護者のスマホに専用アプリをインストールして子どもを見守るサービス。

同社が運営する、全国47都道府県およそ175万人が利用する地域コミュニティーサービス「マチコミ」で地域ごとに蓄積された豊富なデータと、AIがもつ学習機能で、子どもの安全を守る。

今回の提携で、日本不審者情報センターから配信された不審者情報を元に、その不審者情報が発信されたエリアから半径1km以内に「みもり」を持った子どもが入ると、「みもり」から音声で警告を発することができるようになる。

関連URL

ドリームエリア

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi 入試改革・新課程を見据えた 学校とICTのあり方を考える会 9.14 土 全国16拠点で同時開催! 詳細はこちら
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 学校法人 大多和学園 開星中学校・高等学校 すらら×CBT入試
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス