1. トップ
  2. 学校・団体
  3. ISI学園、東京ビジネス外語カレッジ『デジタル・ビジネスコース』4月開講

2021年3月26日

ISI学園、東京ビジネス外語カレッジ『デジタル・ビジネスコース』4月開講

ISI学園は24日、東京ビジネス外語カレッジ(TBL)グローバルビジネス学科に4月から『デジタル・ビジネスコース』を開講すると発表した。

東京ビジネス外語カレッジ 外観

パートナー企業と協働で実施する実践型授業などを通して、デジタルリテラシー×経営感覚×国際感覚を備え未来をデザインできるDX(デジタルトランスフォーメーション)人材を育成。

コース運営に当たっては、ソニーで長年海外事業経営に携わった居山由彦氏をコース長に、HRインスティテュートの創業メンバーの一人、染谷文香氏をシニア・ファシリテーターに迎える。これに学生の就職指導とパーソナルコーチを担う担任講師も含めたサポート体制で学習の支援をするという。

同コース卒業後は、グローバルな視点とデジタルリテラシーを起点に、創造的に未来型社会を設計・提案できるイノベーションリーダーや、顧客との共創による持続可能なビジネスモデルを構想できるビジネスクリエイター、そして社会・都市基盤システムのトータルデザイナーなど、デジタル社会変革へのチェンジメーカーとして主導的な役割を発揮することが期待される。

2020年7月30日に発表したパートナー企業に加え、新たにベネッセコーポレーション、KAZAANA、MYWAYDESAIGN、ソニーネットワークコミュニケーションズ、ソラミツ、スマートシティ・インスティテュート(Smart City Institute Japan)、コミュニケーション・マイスター協会も加わり、各企業・団体の最新のデジタル関連ビジネスを体感する授業を展開。また、グローバルビジネス経験者、企業研修コーチ経験者、学識経験者などを講師として迎え、ビジネスや業界の最前線の動向に触れることができる。こうした授業から学生たちは、これから起こる様々な変化を先取りし未来をデザインするために必要な知識、思考、行動力を身につけ、DX人材として成長するという。

関連URL

グローバルビジネス学科デジタル・ビジネスコース

ISI学園

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス