1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. コミュニケーションロボットの活用を検討する「介護レク研究会」17日開催

2016年11月9日

コミュニケーションロボットの活用を検討する「介護レク研究会」17日開催

BCCの社内カンパニーでレクリエーション介護士制度を手掛けるスマイル・プラスカンパニーは8日、介護レクリエーションをテーマとし、認知症予防や介護予防につながるコミュニケーションロボットの活用を検討する「介護レク研究会」に企画協力すると発表した。

同研究会は、近畿経済産業局からの委託事業の一環として、大阪市都市型産業振興センター、i-RooBO Network Forumが主催となり、介護現場でのコミュニケーションロボットの活用について、有識者やビジネスパーソンによる講演やワークショップを通じ、ロボットメーカー、介護事業者、サービス提供企業と共に検証する研究会。

第1回目の今回は、介護レクリエーションを活用した認知症予防の効果について研究を行う、奈良県立医科大学 老年看護学 澤見一枝准教授が基調講演を行う。また、同分野でビジネスを展開する、プラス、日本ストリートダンススタジオ協会、NTT東日本による各取り組みのプレゼンテーションもある。

研究会終了後には、講演者と研究会参加者を中核として、介護施設への介護ロボット導入を目的としたプロジェクトを組成し、事業化サポートを行っていくという。

「第1回介護レク研究会」開催概要

開催日時:11月17日(木)16:00~18:00(受付15:30~)
開催場所:ATCエイジレスセンター[大阪市住之江区南港北2-1-10 ATC(アジア太平洋トレードセンター)ITM棟11F]
参加費:無料
参加対象:介護事業従事者、介護関連企業
定 員:30人(定員になり次第締切)
申込締切日時:11月16日(水) 17:00

詳細

申込

関連URL

BCC

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21