1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 日・中・港で競う「小学生のための国際理数コンテスト」8月6日開催

2017年7月31日

日・中・港で競う「小学生のための国際理数コンテスト」8月6日開催

学研プラスは、「小学生のための国際理数コンテスト (iSTAC, International STEAM Athlete Contest)」を、東京ビッグサイトで開催の「Maker Faire tokyo 2017」で8月6日に開催する。

0730-is参加するのは10歳~12歳の小学生。5人1組のチームで、実際に考えながらものを作ったり、組み立てたり、作ったもので競い合ったりと、まったく新しい形式のコンテスト内容を予定している。子どもたちが挑む競技は、公立はこだて未来大学の美馬のゆり教授、筑波大学の三谷純教授、折り紙ヒコーキ協会の藤原宣明氏など、最先端の研究者・教育者が監修する。

さらに、今回は中国・香港からも参加児童を募集。3つの国と地域から計11チームが参加予定で、科学のヒラメキやチームワークを競い合うグローバルなコンテストとなる。最後には参加者全員が協力し合う課題も用意されている。

イベントの概要

日時 : 8月6日 (日) 10:00~17:00
場所 : 東京ビッグサイト東7・8ホール「Maker Faire tokyo 2017」内特設会場 [東京都江東区有明3-11-1]
*参加者登録は締切済み。入場・観覧には「Maker Faire tokyo 2017」の入場券 (有料) が必要となる。

関連URL

Maker Faire tokyo 2017

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 豊富な小・中デジタル教材ならチエル 教育クラウドサービス開始!
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録