1. トップ
  2. データ・資料
  3. 就活でのデータ利活用、メリットあれば7割以上の学生が「賛成」=パーソル調べ=

2022年2月1日

就活でのデータ利活用、メリットあれば7割以上の学生が「賛成」=パーソル調べ=

パーソルホールディングスは1月31日、全国の学生1270人を対象に実施した、第2回「就職活動におけるデータ利活用についての意識調査」の結果をまとめ発表した。


同調査は、同社とエクサウィザーズが昨年2月に発足させた「HRにおけるパーソナルデータ・テクノロジーの利活用研究会」が実施したもので、就活学生のデータ利活用に対する意識を調査。昨年の第1回に続いて、今回が第2回目の調査。

それによると、就活でのデータ利活用の賛否を聞いたところ、全体では、賛成(トップ3ボックス)は2020年度の56.8%から2021年度は58.7%に増加。反対(ボトム3ボックス)は2020年度の11.2%から2021年度は10.6%に減少した。

学生にメリットがある場合は、賛成(トップ3ボックス)は2020年度の72.8%から2021年度は74.6%に増加。反対(ボトム3ボックス)も2020年度の4.0%から4.3%に増加。

就活でのデータ利活用に対し、「期待したい・できそうだと思うこと」を聞いたところ、選考前の「手間の改善(エントリーシートが不要になる)」、選考過程の「企業とのマッチング向上(相性が分かる、ミスマッチが減る)」、選考後の「選考結果のフィードバック」、入社後の「ミスマッチによる離職率低下」が上位だった。

また、就活でのデータ利活用に対し、「不安や懸念を感じること」を聞いたところ、「本人を見ずに評価するのではないか(先入観、直接本人の評価をしない)」や、「情報利用の透明性(どの情報、利用されたくない場合にも利用)」に対する懸念が上位だった。

この調査は、全国の18~29歳の個人、大学生・院生、在校中の就活予定者または完了者の合計1270人を対象に、2021年11月5日~9日にかけて、インターネットで実施した。

関連URL

調査結果の詳細

「第1回意識調査」

パーソル

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス